会社紹介
 
 

つるこすめが誕生したきっかけと願い

私の肌荒れが始まったきっかけは大学3年生。
1年半近くに渡り念密に計画をして行われる大学生最期の大イベントである謝恩会委員の総括役になった時。 予算算出、メンバーのまとめ、ホテルとのやり取り。
「しっかりきちんとやらなきゃ!」
初めて抱える負荷が大きく荒れたことのない肌が荒れ始めました。 これをきっかけに社会人になっても肌荒れは繰り返えされました。
私が社会人になってから目指した35歳の自分の姿。
それは、「仕事ができる強くカッコいい女」
そして20代はどんな試練も乗り越えようと決めました。
「他の誰でもなく自分に負けたくない、強くならなきゃ」「頑張らなきゃ、頑張らなきゃ、まだまだ出来る」
と念じてる毎日は目まぐるしく駆け巡り、発見と学びとハプニングで楽しい日々。
気力は突っ走れていたが私の肌にSOSを出していました。

ゆったりする時間を作ってよ。。

きっとそんな叫びを上げて肌荒れを繰り返していたのだろうと思います。
貴重な経験と学びの毎日を過ごし、今の自分を手に入れたので後悔は一切ありません。むしろ感謝の年月。
でも代償は肌の底までボロボロ肌といっても過言ではない肌。

2015年4月頃の大人ニキビ肌の鶴岡悠美2015年5月エステサロンにて撮影

このボロボロ肌をどうにかてくれる化粧品が欲しい!

だから今度はこのボロボロになった肌の復活のために。
二度と肌荒れを繰り返さない肌になるために。
そして夢見る肌を手に入れるために。
そんな一心でつるこすめの開発をスタートしました。

今なら分かります。
肌のバランス、信号を送る脳と身体バランス。
全てはバランスだということ。

だからつるこすめは誰かのために、自分のために頑張ってる人の毎日に意図としてリラックスタイムを作りたい。
夜は頑張った今日一日の疲れを香りで癒し、頑張る神経からリラックス神経にスイッチを切り替えて深い睡眠とともにお肌を守り、朝は今日一日頑張る日中のお肌を守って欲しい。
そして肌や身体が送るSOSを見逃さずキャッチして欲しい。


そんな願いを込めて